1.jpg 20150626.jpg 82d482e9.jpg aaaaaaaaaa.jpg 04.jpg

麻酔処置やしつけ・問題行動のご相談は練馬動物医療センターホンド動物病院 春日町病院。専門的に麻酔を学んだスタッフが常勤しています。各スタッフが国内外の大学病院や二次診療施設にて研修を重ね、専門分野を追求しながら日常業務に取り組んでおります。当院は練馬区内3病院で連携を取りながら、診療を行っております。飼い主様と動物の人生の質を高め、社会へ貢献できるよう日々研鑽を続けています。

休診のお知らせ

2024年3月より、当面の間、水曜日・金曜日の2日間が休診となります。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。

■ 最新情報・キャンペーン情報

2024年4月9日

多飲多尿

多飲多尿とは、一日の飲水量と尿量が正常よりも多いことを指します。一般的に、一日の飲水量が犬で100ml/kg、猫で50ml/kgを超えると多飲、尿量が50ml/kgを超えると多尿と判断します。多飲多尿は、慢性腎臓病などの内臓疾患や、糖尿病、副腎皮質機能亢進症などの内分泌疾患の他、全身性の感染症、中枢性疾患など、様々な病気の症状として現れます。普段からご自宅でのわんちゃん、ねこちゃんの飲水量・尿量をチェックしていきましょう。
獣医師 白石

2024年4月5日

第49回社内木鶏会

人間力を高めるための第49回社内木鶏会を開催いたしました。今回は「丹田常充実」をテーマに、著名人方の生きていく中で心に残った言葉を読み、感想を語り合いました。「丹田常充実」とは生きていく上で丹田(臍の下の下腹部)が常に充実し力に満たされているという言葉です。今回の特集の中で、手指に障害がありながら仕込みの技術を極め、焼肉店を日本一の名店に育て上げた豊島氏の言葉で、「当たり前のことをただ一生懸命にやる」「一番の敵は画像を選択自分だから、自分に勝てるかどうか」という言葉に多くのスタッフが感銘を受けました。日々の仕事に向き合い、当たり前の事に一生懸命取り組み、今まで以上に飼い主様により良い獣医療を提供できるよう精進して参ります。
愛玩動物看護師 内山

2024年4月3日

胃壁の異常

 

人と同様に、犬や猫でも様々な病気で胃壁に変化を生じます。胃炎、胃潰瘍、ポリープ、過形成、胃癌などは人と同様に認められますが、犬と猫では発生する病気に違いや偏りがあります。治療においては制酸剤や吐き気止め、食事変更などの内科的対応から手術を要する外科対応まで様々です。一過性の消化器症状は軽症例のことが多いですが、食欲不振、嘔吐や吐血、体重減少、黒色便などの症状が持続的に見られる場合には特に注意が必要です。気になる症状がある場合にはお早めにご相談下さい。
獣医師 臼井

2024年3月31日

入社式

 

本日、2024年度入社式を行いました。今年は2名の新入社員を迎え、社員全員集まり入社式を実施することが出来ました。入社式では、院長挨拶や辞令の交付、先輩スタッフのスピーチを行いました。新入社員からも今の職業に就いた経緯や今後の抱負などを述べて貰いました。この職業に就いた想いやこの日を迎えた熱い気持ちを聞かせてもらい、これからチームに加わってもらう事が楽しみになりました。新年度、スタッフ一同気持ちを新たに、皆様に寄り添える病院作りに努めて参ります!どうぞ宜しくお願い申し上げます。
ホンド動物病院スタッフ一同

2024年3月26日

高脂血症

高脂血症とは血液中のトリグリセリドやコルステロールが増加する状態を言います。高脂血症はミニチュアシュナウザーなど、犬種によって遺伝が原因となることもありますが、糖尿病やクッシング症候群、甲状腺機能低下症といった内分泌疾患が原因となることが多いです。人のように動脈硬化や心筋梗塞を引き起こすことは稀ですが、膵炎、肝疾患、眼疾患といった病気を合併することがあります。高脂血症は症状が出ないことが多いため、定期的な血液検査によって早期発見することが大切です。高脂血症の場合、写真の様に血漿が白濁します。わんちゃんを対象にした血液検査のキャンペーンは5月まで行っています。体調に問題がない元気なわんちゃんも健康診断としてぜひこの機会にご利用ください。
獣医師 野口

今月のキャンペーン

血液検査キャンペーン

ワンちゃんはフィラリア症の予防薬を投薬する時期が近づいています。 予防薬を飲む前に、前年の予防が確実に出来ていたかを少量の血液でチェックしますが、折角の機会ですので、健康診断の血液検査を行ってみてはいかがでしょうか?健康であることの確認や病気の早期発見に役立つ可能性があります。 血液検査キャンペーンをご希望の際は当院スタッフまでお気軽にお申し付け下さい。

求人案内

春日町病院ではパートさんを募集しております。

ご近隣にお住まいで動物が好きな方、一緒に働きませんか?
詳しくは春日町病院までご連絡下さい。

仕事内容:受付・診療の補助、掃除等
時間:平日/8:50~12:30、15:50~19:30
   日・祝/8:50~13:30
   ● 週3以上で日数・曜日応相談
   ● 平日の午後、土日・祝働ける方優遇
資格:不要
応募:春日町病院まで、履歴書(写真貼付)をご郵送下さい。
   応募書類到着後、ご連絡致します。

練馬動物医療センターホンド動物病院 春日町病院
〒179-0074 練馬区春日町3-2-15
03-5971-3033

メルマガ

ホンド動物病院のメールマガジンをリニューアルしました!

当院からのお知らせやキャンペーン情報など、随時更新致します。登録は「QRコードをスキャン」あるいは「p-hondo@lifetail-mail.comへ空メールを送信」で簡単に登録できます。登録時には特典も付きますので、お気軽にご登録下さい!

ページの先頭へページの先頭へ

■ 院長からのお願い

初診時、動物の状況や病気の性質により、各病気の特徴である症状が出ていない事があります。経過観察を指示された場合、おかしいな?と変化に気付かれた際には、必ず早めの受診をして下さい。
1回だけの診察、ご相談には、病気の発見に限界がある事があります。ご理解の程、宜しくお願い致します。

院長 本渡 

ページの先頭へページの先頭へ

■ 麻酔科に関して

動物は人と異なり、手術のみでなくCTやMRI、内視鏡などの検査の際も全身麻酔が必要なことが多く、その安全性を高めることはとても重要です。当院では、全身麻酔と局所麻酔、鎮痛剤を併用するバランス麻酔を取り入れ、より安全で負担のない方法で麻酔処置を行っています。麻酔を行う際は、麻酔担当のスタッフが呼吸や心拍数などの項目をモニタリングし、異変があればすぐに対応できるようにしています。避妊・去勢手術など、短時間の手術においても、しっかりとした鎮痛を行い、より安全な麻酔方法を用いて手術を行っています。手術関連の痛みだけでなく、様々な疾患から引き起こされる痛みの緩和にも力を入れています。

■ 内視鏡検査に関して


内視鏡検査
慢性的な嘔吐、下痢などの消化器症状を示す症例に対して、内視鏡を用いた胃・十二指腸・直腸の検査を行っています。肉眼的に病変を見つけるだけでなく、胃や腸管の組織を内視鏡下で採取し病変を調べる生検を行っています。人医で行われている、さまざまな染色液(インジコカルミンなど)を用い病変を明らかにする色素内視鏡検査も行っています。また、おもちゃや紐などの胃内異物の摘出を内視鏡処置で行うことも可能であるため、侵襲が少なく除去できます。


ページの先頭へページの先頭へ

■ 診察時間案内

当院は予約診療を行っています。平日・土曜の最終診療受付を18:00までとさせて頂きます。診療をご希望の方は、事前に電話にてご連絡下さいますようお願い致します。

土曜・日曜・祝日も診療をしています。
日曜・祝日は13時までの診療です。


救急・急患について

夜間動物救急との提携で、365日対応致します。
夜間緊急の際は、03-5941-2552へご連絡ください。(午後8:00~午前3:00)

受付時間

受付時間は、平日 (月曜日~土曜日、休診日を除く) 8:45~11:45、15:45~18:00、
日曜日・祝日 8:45~12:45です。受付時間内にご来院下さい。

ページの先頭へページの先頭へ

■ アクセス



名称 :練馬動物医療センター ホンド動物病院 春日町病院
所在地:〒179-0074 東京都練馬区春日町3-2-15 春日ビル1 F
電話 :03-5971-3033

駐車場:病院の裏手すぐに駐車場があります。

車でお越しの場合

練馬駅前の千川通りの「豊島園通り入り口」を入って5分程です。

電車でお越しの場合

大江戸線「練馬春日町」を下車豊島園方面に向い、徒歩5分です。





ページの先頭へページの先頭へ

■ 診察対象動物


犬・猫のみの診療を行っております。

ページの先頭へページの先頭へ

■ スタッフ紹介

白石春奈

 春日町病院 院長:白石 春奈

挨拶

幼い頃から動物が好きで、動物と関わる職業に就きたいと思い獣医師を目指しました。たくさんのわんちゃん、ねこちゃんと飼い主様の力になれるよう日々努力して参りますのでよろしくお願いいたします。

経歴

酪農学園大学獣医学群獣医学科
伴侶動物医療分野麻酔学ユニット出身
山下和人教授のもと、麻酔薬と鎮痛薬の併用における麻酔薬の用量変化に関する研究を行う
東京農工大学外科学教室第二種研修医

天川優子

 愛玩動物看護師:天川優子

挨拶

我が家の愛犬が、過去に発作や膵炎など重篤な状態で動物病院にお世話になった事がありました。毎日のように動物病院に通う中でスタッフの方々の存在に心強さを感じ、私も「病気や怪我で辛い状態にある動物にとって頼れる身近な存在になりたい」と思う様になり、愛玩動物看護師を目指しました。現在は、看護業務に加え行動学を担当しています。日曜日には、子犬を対象にパピークラスを行っています。最近ではパピークラスの卒業生も増え、診察で再会できる事も楽しみのひとつになっています。飼い主様と動物が、健康で楽しい毎日を送れるよう全力を尽くして参ります。よろしくお願い致します。

経歴

日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科卒業
日本獣医生命科学大学人と動物の関係学教室研修生
JAHA認定家庭犬しつけインストラクター取得

町田紗弥香

 愛玩動物看護師:町田紗弥香

挨拶

物心つく頃にはワンちゃんと共に暮らす生活をしてきた事もあり、幼い頃から動物に関わる仕事がしたいと考え現在に至ります。大学ではワンちゃんのリハビリテーションに力を注いで来ました。その経験を生かし、未熟ながらではありますが、少しずつ皆様と愛するご家族のお力になれるよう精進して参ります。よろしくお願い致します。

経歴

帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 動物看護福祉コース 卒業
断脚後のリハビリテーション効果判定に関する研究を行う

内山まりあ

 愛玩動物看護師:内山まりあ

挨拶

幼い頃から動物に囲まれて生活しており、動物達からたくさんの癒しをもらいました。そのため将来は動物に関わる仕事がしたいと考え、愛玩動物看護師を目指しました。大学では行動学を専門に学んでいました。これからさらに勉強し、飼い主様と動物の幸せな生活を、しつけや行動の面からもサポートできるよう努力して参りますので、宜しくお願い致します。

経歴

帝京科学大学 生命環境学部 アニマルサイエンス学科 動物看護福祉コース 卒業

児玉美和

 愛玩動物看護師:児玉美和

挨拶

学生時代に不安なことで悩んでいたとき、実家の猫が隣にいてくれるだけで心の癒しとなり大きな支えになりました。この経験から私は飼い主様の人生に寄り添うわんちゃんねこちゃんの支えになりたいと考え愛玩動物看護師を目指しました。皆様の大切なご家族の健康を少しでもサポートできるように日々精進して参ります。よろしくお願い致します。

経歴

ヤマザキ動物看護専門職短期大学
動物トータルケア学科 卒業

田中優渚

 愛玩動物看護師:田中優渚

挨拶

愛犬がアトピー性皮膚炎のため、動物病院に通うことが多く、獣医師さんや愛玩動物看護師さんからシャンプーなどの日常ケアのアドバイスを貰い、とても心強く感じました。自分も具合の悪い動物やその子に対するケアで悩んでいる人の支えになりたいと思い、愛玩動物看護師を目指しました。飼い主様と動物の幸せをサポートしていけるよう、日々精進して参りますので宜しくお願い致します。

経歴

中央動物専門学校 動物看護研究科 卒業
愛玩動物看護師免許 取得

文字末祐

 愛玩動物看護師:文字末祐

挨拶

物心ついた頃から動物が大好きで、現在もわんちゃんを飼っています。そんな大好きな動物たちと毎日関わることができ、飼い主様とその大切なご家族のサポートができるこの仕事に誇りを持って、日々努力し続けたいと思います。また周囲の人達に信頼されるアニマルケアスタッフを目指します。

経歴

ヤマザキ動物看護大学
動物看護学部 動物看護学科 卒業
内田明彦教授のもとコウモリの我が国の過去10年間における被害状況とコウモリからの感染症についての研究を行う

受付スタッフ

 受付スタッフ:境香津子

挨拶

いつも飼い主様が安心して気軽に話しかけられる窓口として受付にいます。これからも多くの出逢いを大切にしていきたいと思います。

 受付スタッフ:砂子香織

挨拶

飼い主様と、大切なご家族である動物達のお役に立てるよう尽力いたします。

 受付スタッフ:渡邉まゆ

挨拶

飼い主様が信頼できる場所になるように、受付として心を込めて丁寧な対応を心がけていきます。

ページの先頭へページの先頭へ

■ 病院紹介



手術の様子当院の獣医師、愛玩動物看護師は大学の研究室や様々な研究会に所属し、それぞれの専門分野を追求しながら日常診療に当たっております。また、アメリカ、ヨーロッパの整形外科学会やセミナーに参加し続け、最新の手術を提供しております。膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折整復手術、椎間板ヘルニア、股関節形成不全、消化管内視鏡検査・処置、心臓・腹部超音波検査等は、地域の動物病院からの紹介症例も含め、数多くの治療実績があります。今後も技術の追求のみならず、思いやりのある診療を実践して参ります。